岡山ボッチャクラブについて

 

設立趣意

パラリンピック正式種目の「ボッチャ」は、重度身体障害者が参加することができ、レクレーションとしては、障害の有無に関わらず誰でも同じステージで楽しむことができる。

日本では1999年以降毎年「日本ボッチャ選手権大会」が開催されており、競技人口が徐々に増えつつある。

本県においても、今後ボッチャ競技の普及を図るとともに、ボッチャ競技を通じて障害者の自立と社会参加を促進することは大変意義深いと考え、岡山ボッチャクラブを設立するものである。

平成20年12月

 

クラブ会則